がんの痛みについて
 

がんになって早い時期から痛みを感じる人もいれば、病状が進んでから初めて痛くなる人など、痛みのあらわれかたは患者さんによってさまざまです。

>>詳しく見る

がんの痛みをそのままがまんしていると、眠れなくなったり、食欲がなくなるだけでなく、生活する気力や、治そうという気持ちがなくなることさえあります。

>>詳しく見る

がんの痛みの治療は、WHO(世界保健機関)がつくった「WHO方式がん疼痛治療法」にもとづいて行われます。

>>詳しく見る

がんの痛みが、やわらいでいるのか、ひどくなっているのか、患者さんご自身でないとわかりません。

>>詳しく見る

医療スタッフや家族など、周りの人が痛みを正しく理解するために、痛みの度合いをうまく伝えられるようにしましょう。

>>詳しく見る

患者さんと医療スタッフが痛みの強さについて話し合うときには、お互いが共有できる痛みの強さの定規を設定します。

>>詳しく見る

いつ頃・どれくらいの強さの痛みがあったか、痛みどめの薬の効果や副作用はどうだったか、日常生活の変化はあったかなど、すべては自分で覚えきれないものです。

>>詳しく見る