緩和ケアの情報
 
 
「緩和ケア」の基礎知識 治療中の日常生活で注意したい点
 
 

がんの痛みをともなう日常生活には、通常では考えられない負担や困難を感じることもあるでしょう。しかし、毎日の生活にちょっとした工夫を加えることで、痛みをやわらげることもできるのです。痛みがある場合でも、長時間同じ姿勢でいることは、かえって痛みを強くしてしまう恐れがあるので、痛みを感じない範囲で運動をするのもよいでしょう。また、ずっと同じ状態で部屋に閉じこもっていると気が滅入ってしまうこともありますから、気分転換のためにいつもと違うことをしてみたり、外出したりするのもひとつの方法です。