緩和ケアの情報
 
 
「緩和ケア」の基礎知識 薬を使うときによく出てくるキーワード
 
 
-
食前

食事の30分前〜1時間前以内に薬を飲むという意味です。食前は、胃の中がからっぽの状態なので、薬はすぐに吸収されて早く効果があらわれます。
食物の影響を受けやすい薬、血糖をコントロールする一部の薬、食欲増進薬などは、食物が胃に入る前に服用します。

 
-
食間

食事と食事の間の時間に薬を飲むという意味です。例えば、朝食と昼食の間などです。
けっして食事中に食べ物といっしょに飲むという意味ではありません。
食事をしてから2時間後くらいがめやすです。このとき胃の中は、食物が消化されて食前と同じようにからっぽの状態になっています。
胃粘膜保護薬は、荒れた胃の粘膜に直接はたらきかけて効果を発揮するので、食間に飲むように指示されることがあります。

 
-
食後

食事後、約30分以内をめやすに薬を飲むという意味です。多くの薬は食後に飲む指示があります。
食後は、胃の中に食物がいっぱい入っている状態なので、薬の吸収は遅くなり、効果が出るのも食前に飲んだときに比べてゆっくりになります。このため、食後は薬が胃の粘膜に影響を与えにくく、胃が荒れにくい状態にあります。胃が荒れやすい解熱剤や痛み止めを食後に飲むのはこのためです。また、空腹時の服薬では吸収されず、食事(特に油を含む食事)の後でないと吸収されない薬などは食後に服薬します。
食後の服薬は、食事の時間に合わせて飲むことになるので、飲み忘れを防ぐことにもつながります。

 
-
寝前

寝る20〜30分前をめやすに飲むという意味です。
翌朝に便通を促すための下剤や、夜間の発作を予防する薬、不眠のときの睡眠薬などは、寝前に飲みます。

 
-
頓服(とんぷく)

“症状(痛み、熱など)”を一時的に改善するための薬です。症状がないときに飲む必要はありません。咳止めであれば、咳があるときに飲みます。
食事のタイミングとは関係なく、必要なとき(症状が出ているとき)に飲んでください。

 
-
レスキュー

定期的に鎮痛薬(医療用麻薬)を使用していても、急に痛みが強くなったときは、いつもの鎮痛薬の量では足りない場合があります。そのときは、臨時で鎮痛薬を追加します。この臨時の追加のことをレスキューと呼びます。
急な痛みを早く取り除く必要があるので、レスキューの場合は効き目の早いモルヒネの内服薬が一般的に使用されます。
レスキューの回数が多くなるようであれば、定期的に使用している鎮痛薬の量も増量していくことがあります。定期的な服用量とレスキューに用いられた量の1日量の合計が今後必要な定期的に用いる医療用麻薬の1日量となります。