SCORE-Gについて

まちんなかラウンジ市民講座

「いのちにやさしいまちづくり〜ながさきの在宅医療・介護〜」


 「長崎市包括ケアまちんなかラウンジ」 は、平成23年4月より長崎市医師会が長崎市の委託を受けて設置、運営されているブランチ型の地域包括支援センターです。
 専門のスタッフが医療・福祉・介護に関する相談をお受けする総合相談窓口業務を行うと同時に、緩和ケアや在宅医療啓発のための市民公開講座や、在宅医療に関連する多職種の参加する研修会などを定期的に企画、開催しています。
 ちなみに「まちんなか」は長崎弁で「まちの中」のことです。病院の相談支援センターとちがってまちの中にあるので「買い物帰りにでも寄ってね」というメッセージを持っています。


 12月21日(土)は「いのちにやさしいまちづくり」をテーマに市民健康講座を開催します。
 今回は病院から自宅に帰るにあたって医療や介護、福祉のサポートが必要とされる患者さんの在宅移行を支える職種のうち、「つなぐ役割」を担う医療ソーシャルワーカー、ケアマネージャーにフォーカスを当てます。
 住み慣れた場所でその人らしく生ききるための知恵が満載です! ぜひご参加ください。


 開催日程:2013年12月21日(土)14:00〜16:00


 会 場:長崎市医師会館7階講堂 長崎市栄町2−22


 参加費:無料



 プログラム

基調講演「長崎であなたらしい最期を選択するために」
  行成 壽家 (医)ゆきなり・クリニック 院長

シンポジウム「多職種で支えるあなたの在宅生活
  病院の立ち場から:
    医療社会福祉士  小川 瑞穂 長崎大学病院地域医療連携センター
    看  護  師  高ア多恵子 日本赤十字社長崎原爆病院医療社会事業部
  地域の立ち場から:
    在  宅  医  行成 壽家 (医)ゆきなり・クリニック
    ケアマネージャー 戸村 孝章 (株)メディカルネットワーク
  座  長:冨安 志郎 医師会理事・長崎市立市民病院



 お問い合わせ先:長崎市包括ケアまちんなかラウンジ
〒850−0861 長崎市江戸町6−5
電話:095−893−6621 FAX:095−826−3021


 共催:長崎市、長崎市医師会(長崎市包括ケアまちんなかラウンジ)


 後 援:長崎市教育委員会、長崎県医師会、長崎県薬剤師会、長崎市薬剤師会、長崎県歯科医師会、長崎市歯科医師会、長崎県看護協会、長崎県栄養士会、長崎県社会福祉協議会、長崎市社会福祉協議会、長崎市保健環境自治連合会、長崎市民生委員児童委員協議会、認定 NPO 長崎在宅 Dr ネット、長崎薬剤師在宅医療研究会(P−ネット)、長崎新聞社、西日本新聞社、朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞西部本社、日本経済新聞社長崎支局、NHK長崎放送局、NBC長崎放送、KTNテレビ長崎、NCC長崎文化放送、NIB 長崎国際テレビ

ページトップへ ▲

SCORE-Gについて

がん緩和ケアのトピックス

がんの痛みと緩和ケアに関する情報サイト がんの痛みネット